子供が大学を卒業するまでの教育費は全て国公立でも高額な費用がかかると言われています。

進歩が早いカランメソッドによる英語教育

MENU

子供の教育費について

進歩が早いカランメソッドによる英語教育 子供が大学を卒業するまでの教育費は全て国公立でも高額な費用がかかると言われています。そのため、子供が小さい頃から、お金を貯める親が多いです。お金を貯める一つの方法とした学資保険があります。学資保険は、妊娠中から加入することができる保険です。子供が大学に入学する予定の18歳満期のものが多いです。小学校や中学校は義務教育なので、公立であれば授業料はかからないです。しかし、高校や大学になると、学費の負担が増えてきます。

特に大学は、公立でも一年間に学費が50万円程度かかります。私立になると、公立の倍の学費がかかります。子供が高校を卒業するときに、お金を貯め始めても、支払いが大変になるため、できるだけ子供が小さい頃から少しづつお金を貯めておきましょう。学資保険は、満期の金額を決めて、月々保険料を支払います。

満期の金額を高く設定すると、毎月の保険料が高くなります。学資保険は途中解約をすると、元本割れをしてしまうため、無理なく支払うことができる金額に設定するようにしましょう。学資保険にはいろいろな特約をつけることができますが、特約をつけすぎても、元本割れをしてしまう可能性があります。特に医療保障の特約は、元本割れする可能性が高くなります。